低ホスファターゼ症(HPP)の患者さんでは外科治療の方針が異なる場合があります

HPP患者さんでは、骨折と偽骨折がよくみられますが1,2、整形外科ガイドラインはありません


右大腿骨偽骨折

右大腿骨偽骨折2
Whyte, Principles of Bone Biology, 3rd ed, 2008より許可を得て転載。

HPPの病態生理は独特であるため、HPP患者さんでは外科治療が異なる場合があります。HPPに続発する偽骨折に対しては、荷重支持具により内固定を行い、抜去は行わない治療を専門家が推奨しています1,3,4











リソース

References: 1. Rockman-Greenberg C. Hypophosphatasia. Pediatr Endocrinol Rev. 2013;10(suppl 2):380-388. 2. Whyte MP. Hypophosphatasia: nature’s window on alkaline phosphatase function in humans. In: Bilezikian JP, Raisz LG, Martin TJ, eds. Principles of Bone Biology. Vol 1. 3rd ed. San Diego, CA: Academic Press; 2008:1573-1598. 3. Coe JD, Murphy WA, Whyte MP. Management of femoral fractures and pseudofractures in adult hypophosphatasia. J Bone Joint Surg Am. 1986;68(7):981-990. 4. Whyte MP. Physiological role of alkaline phosphatase explored in hypophosphatasia. Ann N Y Acad Sci. 2010;1192:190-200.